特集記事

2022-01-07

VMwareが描く最新のマルチクラウド〜VMwolrd 2021 Japanで発表したアップデートを紹介

By ヴイエムウェア株式会社

VMware が目指すマルチクラウドは、お客様のあらゆるアプリケーションにとって、最適かつ画期的な基盤を実現します。生活基盤を支える領域だけではなく、あらゆる場面でデジタルテクノロジーが利用されており、それを支える新しいテクノロジーの活用も急速に進んでいます。ここでは、11月25日(木)~26日(金)に開催されたVMworld 2021 Japan で発表した新たなテクノロジーとさまざまなアップデートについて、コンパクトにお届けします。

※発表時点での情報であり、今後製品の開発などについては、変更となる場合があります。

VMware Cloudの機能がますます強化

まずVMware Cloudに関する最近の主なアップデートを以下に簡単にご紹介します。

ライセンスモデルVMware Cloud UniversalにVMware Tanzuが追加

2020年に発表した「VMware Cloud Universal」は、VMwareのマルチクラウドインフラや管理サービスの購入・支払いをシンプルにするサブスクリプションサービスです。そのラインアップにVMware Tanzu Standardが利用できるようになりました。今回VMware Tanzuが加わったことで、Kubernetesも含むマルチクラウド環境の構築にも有効なライセンスモデルとなりました。

VMware vSphereの拡張

VMware vSphereではGPUをサポートし、AIや機械学習といった次世代のワークロードに対応するエンタープライズプラットフォームとなっています。さらにDPU(データプロセッシングユニット)、コアシステムメモリといったハードウェアが関連するイノベーションにも取り組んでいます。

Project Cascadeによるマルチクラウド環境におけるサービスレイヤーの拡張

これはプレビュー版として発表したもので、VMware Cloud上のオンデマンドのインフラ(IaaS)とコンテナ(CaaS)の両方に統一インターフェースを提供するプロジェクトです。注目していただきたいのは、このインターフェースはオープンかつ宣言的であり、提供されるインターフェースは業界標準のKubernetes RESTful APIを利用して開発されていくということです。

宣言的とは、シンプルな命令ですぐにVMware Cloud上のリソースを使えるようになるという意味です。vSphere環境でもコンテナでも、アプリケーションがよりシームレスに運用できるマルチクラウド環境が実現します。

vSphereのハイブリッドエディションProject Arctic

「Project Arctic」はvSphereにクラウドへの接続機能を統合することで、ハイブリッドクラウドをデフォルトの運用モデルとするための製品です。お客様はBring on Your HardwareでvSphereの環境からVMware Cloudをそのまま利用できるようになります。現在無料で使用しているvCenterから「VMware Cross-Cloud Service」にアクセスして、その機能をオンデマンドで利用可能です。

Project Arcticを使うとオンデマンドで必要な分だけ課金して利用できるため、オンプレミス環境でキャパシティを使い切ってしまうような問題から解放されます。また、月次アップデートやパッチ適用を自動で行い、Kubernetesも最新の状態で使えるようになります。ランサムウェアの対策もVMware vCenterからクリック1つで使用可能です。

クラウド環境の運用やコスト、セキュリティ管理を強化

多様なリソースが使えるようになると、今度はそれをいかに適切に使うかが新たな課題となります。「VMware Cloud Operating Model」は、クラウドを運用していく上で重要になる、「人、プロセス、テクノロジー」を結びつけると同時に、クラウドをどう作るか、アプリケーションをどう作るか、そしてそれをどう運用してコストを管理していくのかといった各戦略を結びつけて、プラットフォームを最適化してセキュアに保つオペレーティングモデルです。これを実現するのが「VMware vRealize Cloud Management」製品群と「CloudHealth by VMware」です。

まず、VMware Cloud側を支える制御プラットフォームに大きな変化がありました。VMware Cloud on AWSだけではなく、Azure VMware SolutionやGoogle Cloud VMware Engineなどに関するサポートも増やしており、その上で動く200以上のアプリケーションをサポートしています。また、ネットワーク運用の強化も進めており、どこで何が起こっているのかをより把握しやすくなります。

一方のパブリッククラウド側では、CloudHealthと組み合わせて使います。

CloudHealthは、マルチクラウド環境のコストや可視性を担保するソリューションで、これまでもAWSやAzure、Google Cloud Platform(GCP)の情報を集約して表示しアドバイスをお伝えすることができていましたが、今回GCPのサポートが大幅に強化されました。また既存のvRealizeソリューションとの統合も進めており、より使いやすくマルチクラウド環境の可視性を高め、コスト効率の向上に寄与できるようになりました。

CloudHealth Secure Stateは、セキュリティの問題点をリアルタイムでモニタリングし、影響範囲を特定しつつ問題点を通知するサービスです。今回、マルチクラウドベースのコンテキスト検索が強化され、セキュリティイシューについてより厳密に検索して表示できるようになったほか、Kubernetesベースのモニタリング機能が強化されています。

そのほか、VMwareのクラウド管理ソリューションに関する最新情報として以下の2点も言及しておきましょう。

マルチクラウドの統合管理を目指したProject Ensemble

「Project Ensemble」ではスイート全体の機能の活用と統合によるvRealize製品の統合および自動デプロイを行います。そして、クラウドを横断するような構成管理データベースをもとに、今どこで何が起こっているのか、必要な情報は何か、そして何がこれから起こるのかといった問題点の発見と解析を容易にし、次のプロセスに進むために支援します。ビューは、ユーザーの振る舞いに合わせた機械学習によるインターフェースのカスタマイズも行うため、使えば使うほどユーザーの情報を反映して使いやすくなっていきます。

投資対効果の高いライセンスモデルVMware vRealize Cloud Universal

「VMware vRealize Cloud Universal」は、自動化、運用、ログ分析、およびネットワークの可視化を行うクラウド管理スイートです。1つのサブスクリプション契約で、オンプレミスで使ったりSaaSで利用したりと、お客様の要件や状況に合わせて柔軟に切り替えられるのが特徴です。このたび、「vRealize Network Insight Cloud」を搭載したEnterprise Plus Editionが発表になりました。今後さらに、CloudHealthも搭載した新しいエディションも発売される予定です。

VMware Cloud on AWSの機能強化ポイント

VMware Cloud on AWSは、vSphereやvSAN、NSX、vRealizeといったソフトウェアスタックをAWS上で利用できるサービスで、オンプレミスにあるアプリケーションの運用を変えずにクラウド上で動かすことができるので、既存資産の活用にも有効なソリューションです。AWSが提供する各種サービスにも直接高速アクセスできます。こうした従来の特徴に加えて、このたび4点の大きな発表がありました。

1.VMware Tanzu Servicesの提供

Kubernetesのランタイムである「VMware Tanzu Kubernetes Grid」と、マネジメントプレーンの「VMware Tanzu Mission Control Essentials」が使えるようになりました。既にVMware Cloud on AWSなどをお使いのお客様は、追加コストを必要とせずアズアサービスでKubernetes環境を使用することが可能です。

2.VMware Cloud Disaster Recoveryの拡張

Datriumがベースとなっているテクノロジーの機能拡張により、耐障害性が向上しました。より迅速な復元や統合的なデータ保護を実現します。

3.高度なセキュリティアドオン

分散IPS/IDS、高度なファイアウォール機能を提供し、セキュリティの向上とワークロードの保護を支援できるようになりました。

4.インテリジェントなアベイラビリティゾーン

アプリケーションの構成を変えることなく、可用性の高い構成をそのままVMware Cloud on AWSで使うことができます。

なお、VMware Cloud on AWSは2021年11月末に大阪リージョンでの提供が開始され、西日本地区のお客様はこれまでより低遅延でサービスを利用できます。また、広域災害にも対応するディザスタリカバリを日本国内のリージョンのみで実現可能となりました。

ローカル環境に向けたクラウドサービスも拡充

このほかにも、VMwareではデル・テクノロジーズとのコラボレーションによる「APEX Cloud Services with VMware Cloud」にて、アズアサービスモデルでオンプレミス環境にVMware Cloudのインフラを構築できるサービスを提供しています。また企業のオンプレミスにAWS環境を持ち込むことができる「AWS Outposts」に、VMware Cloud環境を乗せた「VMware Cloud on AWS Outposts」の一般提供も開始することになりました。

いずれのサービスも、日本での提供スケジュールは未定ですが、クラウド、オンプレミス問わないハイブリッドクラウド戦略においてVMwareは今後もサービスを拡充していきます。

お問い合わせ先

ヴイエムウェア株式会社

マーケティング本部

email: cloudknowledge-vm@vmware.com

この記事をシェアする

関連記事リンク

関連記事リンク

お悩み解決

2021-11-12

Kubernetes管理の新たな形 「 VMware Tanzu 」

by 式会社ネットワールド

業務効率化アプリケーション仮想化

記事を読む

お役立ち資料

2022-01-11

Google Cloud VMware Engine 徹底解説

by グーグル・クラウド・ジャパン合同会社

IT運用コストと運用負荷軽減これからクラウドへ取り組む運用管理クラウド移行

資料を見る

お悩み解決

2022-01-06

DXとデータ利活用に向けたシステムのモダナイゼーションを実現するIT基盤とは

by NTTコミュニケーションズ株式会社

これからクラウドへ取り組むクラウド移行

記事を読む

お悩み解決

2021-11-12

ソフトバンクが提供するVMware Workspace ONE® UEMのご紹介

by ソフトバンク株式会社

働き方改革業務効率化セキュリティデジタルワークスペース

記事を読む

お悩み解決

2021-11-01

意外に悩ましいWorkspace ONEの運用問題を解消するには?

by 株式会社ウィザース

IT運用コストと運用負荷軽減運用管理

動画を見る

お悩み解決

2021-09-21

パブリッククラウドの使い勝手を自社専有の環境で実現する

by 日本電気株式会社

セキュリティ強化ハイブリッド クラウド

記事を読む

お役立ち資料

2022-01-11

MMCP for VMware Cloud on AWS 紹介資料 VMware Cloud on AWS マルチテナントサービス

by 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

これからクラウドへ取り組むクラウド移行

資料を見る

お悩み解決

2021-08-02

VMware 仮想基盤のクラウド移行にあたり、日本ユニシスが Azure VMware Solution(AVS)を選択した理由

by 日本マイクロソフト株式会社

IT運用コストと運用負荷軽減ハイブリッド クラウド

記事を読む

お悩み解決

2021-08-02

自治体・公共機関のクラウド移行も安心 ISMAP対応の高信頼クラウドサービス

by 株式会社日立製作所

業務効率化IT運用コストと運用負荷軽減マルチクラウドセキュリティ

記事を読む

基礎から学ぶ

2022-01-12

事業責任者が語る!国内古参ベンダが「いま」新IaaSを出す理由

by 株式会社インターネットイニシアティブ

セキュリティ強化セキュリティ

記事を読む