サムネイル

基礎から学ぶ

2021-06-08

ネットワールドSEが語る!VMware Carbon Black 評価・導入のポイント

By 株式会社ネットワールド

働き方改革これからクラウドへ取り組むテレワークの推進セキュリティ強化セキュリティ

既存のアンチウイルス製品のサポート切れを機に、次世代アンチウイルス(NGAV)とEDRの組み合わせへの移行を検討する企業が増えています。実環境に合わせて適切な設定を見出し、運用体制を確立するには、しっかりしたサポート体制の下でPoCを実施するのが一番です。

どれほど防御を固めても侵害は起こりうるという考え方に立ち、システム内部の脅威を検知し、拡大する前に対応して被害を最小限に抑えるアプローチが徐々に広がりつつあります。既存のアンチウイルス製品のサポート切れを機に、次世代アンチウイルス(NGAV)とEDRを組み合わせた新たなエンドポイントセキュリティを導入する企業も増えてきました。

しかし、そこにはさまざまな課題もあります。VMwareによる買収の前からパートナーとして「VMware Carbon Black Cloud Endpoint」の販売、構築を行ってきたネットワールドSE阿部より、検証・導入時に多くの企業が引っかかるポイントとその解決策を解説します!

詳しくはこちら>>

お問い合わせ先

株式会社ネットワールド

マーケティング本部

https://frontier.networld.co.jp/contact/

この記事をシェアする

この企業に関連する記事

この企業に関連する資料